6人のドラマー×3位+僕の波形データ

cubaseに取り込んで波形をチェックしてみました

演奏はある授業でのアンサンブル

皆同じ曲の同じサイズを叩きました

波が大きく振れる程音量が大きいのですが

ここまで見た目にも差がでるとは、と驚きました

音量が小さくても起伏がある演奏は迫力がでるし

起伏がなくても音量バランスがよければ質がよくなるし

はたまた大きいだけだと逆に迫力がなかったり

音楽的に当たり前の事ですが改めて気づく事がありますね!

ちなみに僕の演奏は最後の1回です☆

わかる人にしかわからないと思いますが、、、

これぞkazooドラム的な波形ですね!!

大阪、京橋駅チカのドラムレッスンスクール 【K Music Act】

タグ:

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

大阪、京橋駅近くの音楽教室

​【K Music Act 音楽教室】

大阪府 大阪市 都島区 東野田町 4丁目7-26 和光京橋ビル 3F

Follow Us
  • K Music Act
  • K Music Act チャンネル
  • K Music Act

Copyright (C) K Music Act . All Rights Reserved.